【要注意】リクシルのニセ浄水カートリッジをつかまされたと思ったら・・・

我が家のキッチンはリクシル浄水器内臓の蛇口なのですが、3か月~4か月に1度カートリッジの交換が推奨されています。

そろそろ交換の時期が来たので、いつものようにネットでカートリッジを購入しようと思いました。

そんな折、ある動画を見付けたのです。

浄水カートリッジの闇・・・?


www.youtube.com

まず、カートリッジに偽物があることにビックリ💦

まあ、カートリッジひとつ3000円とか4000円とかして3か月に1度交換必要だったら儲かりますわな…

こちらの動画では、

LIXIL製のカートリッジの外箱にはいずれもロット番号が刻印されている」

というリクシルお客様センターの回答から、外箱にロット番号の刻印が無いのは偽物だろうという結論が出ています。

今まで私がネットで買っていたのは刻印があったのか!?

うろたえるも外箱なんてとっくに捨ててる!

過去の購入履歴を見ると、箱は取り除いてメール便で配送という会社から買っていました・・・

メール便は厚さ3cm以内にしなければならず、外箱付だと厚さ3cmを超えてしまうため、送料を安くするため外箱無しで送付しているとのこと。

その会社は、日本直販とテレビショッピングを足して2で割ったような絶妙な会社名で、勝手に有名企業と勘違いして買っていましたが、よくよく調べたら全然違ってた💦

今まで5本くらいその会社から買いました。

最初から箱が付いてないんじゃ検証のしようがありません。

「折りたたんで同封してよ」って頼めばもしかしたら同封してくれるかもしれませんが、今回私は別の店から購入することにしました。

 

上の動画では、「購入するならメーカー直か、ヨドバシみたいな大手家電量販店から買うのが安全」と伝えてくれているのですが、メーカー直は高い!

本物を安く買いたいのが庶民感情。

私の中で他にも購入店候補に入れても良いのでは?と思ったお店がありました。

蛇口や換気扇などを扱う住宅設備屋さんです。

なぜなら、住設屋は浄水カートリッジだけでなく蛇口本体やその他の設備でもリクシルと取引があり、浄水カートリッジだけ変なところから買ったりしないだろうと。

何でも取り扱う生活雑貨屋の浄水カートリッジは個人的に微妙な気がします。

購入ルートが大陸寄りな気がして😅

 

 

下の画像は、浄水器内臓蛇口を楽天の住設屋で購入した時に付属していたJF-21の外箱です。

ダミーカートリッジの保存箱としていたため残っていました。

これにはちゃんと刻印があります。

 

今回私はJF-20の3本入りを、とある住設屋から購入することにしました。

安い上クチコミの評価が高く、「正規品でした」と記載している人がおり、

やっぱり住設屋も大丈夫だよね♪とポチリ。

翌日発送ですぐに届き、さっそく刻印を探しました。

無い・・・

ロットの刻印が無い!( ;∀;)

 

「正規品でした」とクチコミした人は、写真を載せているわけでもなく何を根拠に正規品と言っているのか不明で、クチコミを鵜呑みにした自分がバカでした…

この偽カートリッジどうしよう💧

割安だからと3本セットなんか買うんじゃなかった( ;∀;)

浄水効果が薄い位なら許せますが、何が怖いって偽カートリッジを使うことによって何かが水に混入するんじゃないかってこと。

健康被害が出たらたまったもんじゃない。

偽造業者にとって購入者の健康なんてどうでも良いこと。怖いです。

 

自分が泣き寝入りするのもおかしいので、販売店に返金してもらいたい。

楽天は個々のショップの集まり。楽天の返金対応は、購入店に連絡をとらなければなりません。

とりあえず返金とは口にせず問い合わせしました。

 LIXILお客様センターによると、LIXIL製のカートリッジの外箱にはいずれもロット番号が刻印されているとのことですが、購入したJK20Tに製造番号(ロット番号)の刻印が見当たりません。
こちらの商品は正規品でしょうか?

メッセージを送信。

 

まる1日経って返信がありました。

メーカーに確認したところ個梱包のフラップ部分にロットNO,が移動になっております。

刻印場所が変更!?

返品するのに未開封の方が良いと思ってフラップまで開けてなかった!

あった・・・

 

大変失礼しました。

最近のロット番号はフラップに刻印されてるのでみなさんもご注意ください(^^;

今回購入した住設屋さんはTOTOINAXカクダイなど一流メーカーを取り揃える住宅設備機器の専門店です。

 

※現在住設屋や電気量販店などでリクシルカートリッジの売り切れが続出しています。

というのも、2023年4月1日よりリクシルは偽カートリッジ対策として、販売店にカートリッジを卸すのをやめたそうです。(直販化)

2023年4月1日より、当社が販売するすべての浄水カートリッジをLIXILオンラインショップでの直販に移行することをお知らせします。

浄水カートリッジのLIXILオンラインショップ直販化 (D2C) のお知らせ|Newsroom|LIXIL

これにより非純正品を「互換品」と表示して堂々と販売する販売店も出て来ました。

偽物を売ったら詐欺ですが、互換品はメーカーから訴えられなければセーフ?

家庭用プリンターのインクカートリッジ商法と同じで、ネットショップには互換品だらけの状態。

インクカートリッジは私も喜んで互換品を使っちゃってますが・・・

 

除去物質一覧

https://store.lixil.co.jp/cartridge/allinone_jf2.html

 

現在も正規品を販売しているお店がありますが、浄水カートリッジが直販される前にたくさん買いだめしておいた物を、在庫販売しているということです。

 

数字の前に「K」が付く品番の物は長寿命のハイグレードタイプです⇩

除去物質一覧

品質、交換時期の見極めに塩素試薬はいかかでしょう⇩

原水だと、まっピンク⇩

カートリッジ使用4か月経過した浄水⇩

カートリッジ使用6か月経過した浄水⇩

 

 

 

 


 

nigamushikamiko.hatenablog.com

nigamushikamiko.hatenablog.com

nigamushikamiko.hatenablog.com

nigamushikamiko.hatenablog.com

nigamushikamiko.hatenablog.com

nigamushikamiko.hatenablog.com

nigamushikamiko.hatenablog.com

nigamushikamiko.hatenablog.com

nigamushikamiko.hatenablog.com

nigamushikamiko.hatenablog.com

nigamushikamiko.hatenablog.com

nigamushikamiko.hatenablog.com

nigamushikamiko.hatenablog.com

nigamushikamiko.hatenablog.com

nigamushikamiko.hatenablog.com

nigamushikamiko.hatenablog.com

nigamushikamiko.hatenablog.com

nigamushikamiko.hatenablog.com

nigamushikamiko.hatenablog.com

nigamushikamiko.hatenablog.com

nigamushikamiko.hatenablog.com

nigamushikamiko.hatenablog.com

nigamushikamiko.hatenablog.com

nigamushikamiko.hatenablog.com

nigamushikamiko.hatenablog.com