医療

【抜毛症・髪を抜く癖】30年髪の毛を抜き続けた結果・・・

抜毛癖は歌手のAIさんや鳥たちも・・・ 抜毛時の痛みは? 学生時代の抜毛事情 美容室が大嫌いだった(今も) ハゲを隠して出勤したOL時代 抜毛症は遺伝・伝染する? ツレに抜毛症をカミングアウト 毛を200本抜いたら6倍の毛が生えてきたという研究がある 抜…

【月経困難症】歳をとれば生理痛は軽くなる

最近気づいたことがあります。 月経困難症の私が生理の時に痛み止めを飲まなくなっていたのです。 月経困難症とは 私の場合、腹部全体が慢性的に痛く、それに加えものすごい激痛が局所的に走ります。 例えるなら腹の中で雷が落ちるような感じ。 それと同時に…

【コンタクトレンズ】私がワンデータイプの新素材シリコンレンズを選ぶ理由。

私はコンタクトレンズはワンデータイプのシリコーンレンズをネット購入する派です。 目の矯正法をどれにするか 私はメガネ、ソフトコンタクト、ハードコンタクト、オルソケラトロジーを使用したことがあります。 使用した個人的感想は下記のとおりです。 メ…

【角膜矯正】視力矯正のオルソケラトロジーを3年半やった結果・・・

オルソケラトロジーとは、就寝中に特殊なコンタクトレンズを装着して角膜を矯正し、起床後コンタクトレンズを外すと視力が回復しているというものです。 その昔、中国では砂袋を目の上に置き就寝し視力を回復させていたそうです。 私がオルソケラトロジーを…

ハウスダストアレルギー・スギ花粉症患者が順調だった減感作療法(免疫療法)を中断してしまった話。

鼻水が1日中流れっ放しになったことがきっかけで、会社帰りに耳鼻科を訪れた。 2011年のことである。 減感作療法に熱心な医師だった。 減感作療法とは原因であるアレルゲン(ハウスダストならダニ、花粉症ならスギ)を少量ずつ体内に与え、体をアレルゲンに…