【粉付き注意】100均ゴム手袋でラテックスアレルギーとフルーツアレルギー発症!?

皿洗いをする時はゴム手袋をしています。

ゴム手袋をすることで、冬は低めのお湯でも冷たさを感じにくくなるので節電になります。

ロングのゴム手袋は袖をまくることなく皿洗いができるので大変重宝しています。

素手で皿洗いをすると肌が荒れるので冬以外もゴム手袋をするようになり、1年中ゴム手袋が手放せなくなりました。

下の写真⇩左からセリア、キャンドゥ、ダンロップ

「毎日ゴム手袋をして、ラテックスアレルギーになったりしないだろうか」

ふと疑問がよぎりました。

ラテックスアレルギーは天然ゴムによるアレルギー反応。

かゆみ、かぶれ、発疹などを引き起こします。

重篤な場合はアナフィラキシーショック死・・・

 

長時間ゴム手袋を付けていた医療従事者がラテックスアレルギーになってしまったという話を聞いたことがあります。

天然ゴムを使用した100均のゴム手袋を愛用している私は、不安になり調べてみることにしました。

 

パッケージに記載があった・・・

100均のゴム手袋のパッケージを見たところアレルギーについて記載がありました。

「アレルギー反応などにより、体質によっては、かゆみ、かぶれ、発疹などをおこすことがあります」

これを読んで、「ちゃんと注意してくれて親切だね~」と思うべきなのだろうか。

そんなアレルギーを起こすようなもん売るなよって思ってしまうのだが。

 

粉付きは要注意

100均のゴム手袋を付けると粉っぽい物が手に付きます。

着脱しやすいようにしているこの粉にも問題があるそうです。

ゴム手袋のたんぱく質が粉に付いており、室内を浮遊してゴム手袋をしていない時も天然ゴムのたんぱく質に晒され続けるというのです。

医療従事者が使用するパウダー付きゴム手袋は、2018年末で製造、販売が中止になりました。

 

個人的に粉多すぎと思った商品⇩

 

ダンロップは脱タンパク質天然ゴム(SeLatex)のゴム手袋を販売していますので、ダンロップ商品を購入するなら下の商品がおすすめです⇩

セラテックスはダンロップ独自の新素材で、天然ゴムのタンパク質や不純物を独自の手法で分解・除去・精製してできた新素材天然ゴムで、手荒れの原因のひとつとされているタンパク質をほとんど分解除去しているそうです。

 

ラテックスアレルギーでフルーツが食べられなくなる!?

ラテックスアレルギー患者の多くが、バナナ、クリ、アボカド、キウイフルーツにもアレルギー反応を起こすようになるそうです。(ラテックス−フルーツ症候群)

上記4種ほどハイリスクではないものの、ラテックス−フルーツ症候群として報告されているフルーツは他にもたくさんあります。

イチジク、パイナップル、メロン、パッションフルーツ、桃、西洋梨・・・

ゴム手袋のせいで大好きなフルーツが食べられなくなったら悔し過ぎる😡

 

ゴム手袋の下にもう1枚

ゴム手袋のインナーとして下履き用手袋があります。

4917930008571_5.jpg

我が家には薄手のニトリル手袋があるのですが、ラテックスフリーの手袋をつけた上から100均のゴム手袋をつければラテックスアレルギーは大丈夫なのでしょうか。

1枚手袋をかませたところで着脱時に粉は飛ぶだろうし、そもそもゴム手袋をした手で洗った皿とか食品って天然ゴムのタンパク質付いてないの?

 

その答えは見つけられませんでした。

不安な人はラテックスフリーの手袋に移行しましょう。

 

脱タンパク質天然ゴム(SeLatex)のゴム手袋⇩

 

 

nigamushikamiko.hatenablog.com

 

 

nigamushikamiko.hatenablog.com

 

 

nigamushikamiko.hatenablog.com

 

 

nigamushikamiko.hatenablog.com

 

 

nigamushikamiko.hatenablog.com

 

 

nigamushikamiko.hatenablog.com

 

 

nigamushikamiko.hatenablog.com

 

 

nigamushikamiko.hatenablog.com

 

 

nigamushikamiko.hatenablog.com

 

 

nigamushikamiko.hatenablog.com

 

 

nigamushikamiko.hatenablog.com

 

 

nigamushikamiko.hatenablog.com