【ダイエットの必需品】USB充電式エナクファイアー体組成計で体重が正確に計れるか検証

コロナのせいで体重が測れない

いつも行っているジムの体重計がコロナで撤去されてしまい、体重管理ができないので体重計を購入することにした。

ショッピングサイトで体重計を調べてみると、今どきの体重計は体組成計が主流で体脂肪率や体内年齢など10種類ほど測定できることに驚いた。

体重以外の数値はBluetoothスマホに飛ばして確認できる。(要アプリ)

体組成計本体にちまちま表示されても見づらいのでスマホで確認できるのは嬉しい。

さらに数値の変遷が折れ線グラフとして表示される。

体組成計の中で、電池式ではないUSB充電ができる体組成計を発見した。

体組成計体重計体脂肪計USB充電式スマホでデータ管理ヘルスケアFitbitGoogleFitと連携体重/体脂肪率/体水分率/推定骨量/基礎代謝量/BMI/など簡単測定同期iOS/Androidアプリで健康管理肥満予防体重管理

電池式だと交換のたびゴミが出るし液漏れの危険性がある。

私はUSB充電であることを今回購入する上での必須条件とした。

体組成計の種類は数多あれどUSB充電に絞ると一気に候補が減少。

私は2つの商品から選ぶことにした。

1つ目はエナクファイアー体組成計。

淡いピンクの色味が女子のハートを鷲づかみにしているらしい。
2色展開でピンクが嫌な人には白もある。
小数点以下2桁表示。
体重含め12種類計測可能。
体重、BMI体脂肪率、内蔵脂肪、体水分率、骨格筋率、筋肉量、骨量、タンパク質、基礎代謝、体内年齢、筋力レベル
サイズは28 x 23 x 2.5 cmで、縦に短いが足がはみ出ても計測できる。

 

2つ目はarboleafの体組成計。

体重含め14種類計測可能。
体重、BMI体脂肪率、ボディタイプ、除脂肪体重、皮下脂肪(率)、内臓脂肪(指数)、体水分率、骨格筋(率)、筋肉量、骨量、タンパク質(率)、基礎代謝量、体内年齢 
サイズは26cm×26cm×2.5cmで正方形。
色は白のみ。
 

どちらもたぶん中国製。

私はHuaweiスマホを使っているので中国製というのは気にしてないのだが、この体組成計の体重以外の精度はいかがなものか。

今はセールで安くなっているけど、元値は5000円位?

今の中国製品の技術は凄いし安い。

とはいえ、その値段で10種類ほどのデータを全て正確にというのは無理があるような気がする。

体重・BMI体脂肪率位は確かかもしれないけど、それ以外は身長や体重、性別、年齢から導き出して数値を出しているだけかもしれない。(事前にアプリに身長、生年月日、性別を登録する)

家庭用の体組成計に関していえば、タニタだろうがオムロンだろうが精度に疑いがあるクチコミが散見される。むしろ日本製の方が悪評が多かったりする。

体重とBMI以外はあくまで参考値として期待せず、たとえ体重しかまともに計れなくても満足できる価格のものにしようと思った。

最終的に選んだのはUSB充電式エナクファイアー

ナクファイアーもarboleafも値段は1800円程(購入時)だった。

測定できる種類がarboleafより少ないがエナクファイアーの体組成計にした。

 

【エナクファイアーを選んだ理由】

ピンクがとにかくかわいい。

Amazonで致命的なクチコミが無い。

74件のクチコミ中、一番悪いクチコミが☆2つの評価で「体重しか測れない」というものだったが、体組成計は足が乾燥していると測定できないことがあるので、水拭きすることで解消するのでは?と思った。

一方arboleafは66件の口コミ中☆1のクチコミが3件あり、電源が入らない、充電が持たないとのクチコミがあった。

 

ナクファイアー体組成計が届いた

思った通りの色味でかわいい。薄い、軽い。

ガラストップの体組成計で見た目の質感が良い。汚れも簡単に落とせそうだ。

ただ、強化ガラスは側面が弱いので破損には注意したい。

 

さて、開封してすぐに体組成計に乗ってみると、電源が入らなかったのでUSBで充電する。

USBケーブルが付属していた。本体側はマイクロUSBだ。

充電している間にBluetoothがオンになっているか確認し、feelfitアプリをスマホにインストールした。

メールアドレスとパスワードを設定し入力。

性別、ユーザー名、生年月日、身長を登録をする。

2時間の充電で3~5か月使用可能と書いてあったが、30分程で充電が終了した。

体組成計に乗ると体重が光って表示、その後も静止していると体重表示が消え□が右に流れて行き、最後に先程の体重がまた表示され計測完了。

時間的には最初に体重表示されてから5秒くらいで終わる。

 

計測したら驚愕の数字が・・・

f:id:nigamushikamiko:20220216100000j:plain

体脂肪33%ヤバ💦

数値が緑色だったり青色だったりしているが、

緑→標準

青→低い

オレンジ→高い

という色分けになっている。

いろいろ数値が出るのは楽しい。

 

各項目をタップすると、基準値が分かって便利。

 

体重や体脂肪率以外の数値もグラフ化。

f:id:nigamushikamiko:20220216100002j:plain

 

余計なボタンが無く、乗れば自動で電源が入り、アプリで登録していれば勝手に振り分けて個人ごとに記録して行く。かしこすぎる・・・

私のアプリでツレの測定結果も管理しているが、体重や体脂肪率など話のネタになって良い。

個人ごとにアプリをインストールして、アプリを立ち上げてから測定すれば本人のアプリにしか結果は飛ばないらしい。

 

体重計の罠

実はこの体重計、アプリに登録していない個人が乗った場合、登録してある人のアプリに不明な計測として表示されるのです!

つまり体重モロバレ😅

罠のように脱衣所に体重計を置いておいて、友達とか彼女が乗ったらアプリで体重丸わかりなんて悪用も💦

 

体重計の精度を検証

体重計の精度を確認するため5㎏のあきたこまちを計ってみた。

f:id:nigamushikamiko:20220216100111j:plain

5㎏ぴったり!

正直50g位は誤差が出るだろうと見くびっていた。

正確な数値を見せられると、あのおぞましい体脂肪率も正確なの?と動揺してしまう( ̄▽ ̄;)

とにもかくにも、体重が正確に計れるUSB充電式の体重計が2000円もしない金額で購入出来て嬉しい。買って良かった。

 

nigamushikamiko.hatenablog.com

nigamushikamiko.hatenablog.com

nigamushikamiko.hatenablog.com

nigamushikamiko.hatenablog.com

nigamushikamiko.hatenablog.com